痩せるための食事と運動 - 効果的なダイエット法とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

痩せるための食事と運動

食事内容をコントロールして摂取カロリーを抑えることは、痩せるためには確かに必要なことです。しかし健康的にやせるためは、ただひたすら食べるのを制限したり、たとえば野菜などの特定のものしか食べない、というような極端なダイエットではだめなのです。

体重を落とすのに安全な範囲とは、だいたい1週間に1kgになるでしょう。ダイエットをしているときの食生活は、少しずつでいいので様々な種類の食品を摂るようにしましょう。6つの基礎食品を考慮した食事法がありますが、少々面倒でもこれは効果があります。食品を十分に偏りがなく摂取することで、痩せたいと思う人には効果が出てくると思います。

人には脳の中に満腹中枢というものを持っていて、これが20分くらいになると満腹の指令を出します。できるだけ少ない量で満腹になるようにするには、急がずゆっくりと食事をすることが大切で、これにより食事量を減らすことができるのです。

痩せるために必要な運動量について言うと、運動をしながら汗はかきながらも、会話くらいはできるという程度が痩せるためには理想的なようです。姿勢をよくして大きな歩幅でリズミカルに歩くようにするとダイエット効果があり、無理のないように時間を決めて歩くことなども、継続させるためには必要でしょう。

食事の直後に歩くのは避け、できるなら早朝か夕方を選んで歩くのが効果的で、1日に約7000歩、1時間以上を歩くとよいでしょう。日ごろの生活からできるだけ歩くようにすることがより効果を生むもので、エレベーターを使わない、車をやめて電車やバスを利用する、目的の駅をひと駅前で降りるなど、痩せるためには歩く機会を増やすように工夫しましょう。
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 効果的なダイエット法とは All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。