下半身太りの原因は脂肪細胞 - 効果的なダイエット法とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

下半身太りの原因は脂肪細胞

何が原因で下半身は太り易く、ダイエットが困難なのでしょうか。

下半身太りの原因として考えられることは脂肪細胞の数です。脂肪細胞とは全身にある細胞で、簡単に説明すると、脂肪を蓄える袋のことです。脂肪細胞に体に入った脂肪は蓄えられる仕組みです。脂肪細胞の数は人によって違いがあり、脂肪細胞の数が増える時期は、母親の胎内にいる時と産まれて一年までの間、そして思春期とされています。

一度作られてしまった脂肪細胞はダイエットをしても減ることがありません。体が太くなるのは、脂肪細胞がパンパンに膨らむほど脂肪を蓄えてしまうからであり、脂肪細胞に脂肪をためないためにダイエットをして、小さな袋の状態にできれば体は細くすることができます。

全身にあるのがこの脂肪細胞というものですが、上半身と下半身で比べると、下半身の方により多くの脂肪細胞があるようです。なぜ下半身により多くの脂肪細胞が存在するのか、はっきりと分っていません。

特に女性に下半身太りが多く見られることから考えると、下半身に脂肪細胞を多く存在させることで、子宮という大切な臓器と、そこに宿る命を守る役割を持たせているのではないかと思われます。

さらに、出産による骨盤の開きや歪みなども下半身太りの原因として考えられます。この下半身太りを改善するためには、脂肪の蓄積を防ぐダイエットをすると同時に骨盤や骨格などを矯正するダイエットをすることが大切でしょう。

エステ無料・格安体験
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 効果的なダイエット法とは All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。